なおざりとおざなりの違いは?同じ言葉のような・・・

違い
スポンサードリンク

こんにちは!

ボランティアで子供と関わっているのですが、子供と一緒に本当にいろんなことがありますよね。
子供たちが何か作業をすると、一生懸命やる子や、適当にやって、「できた!」っていう子、そして全然やらない子。
子供
本当にいろんな子がいて、楽しいのですが、ふっと・・・。
適当にほったらかしにしていうことは、「なおざり」?それとも「おざなり」
ん?どっちが正しいんだろう・・。わからなくなったので調べてみました。

スポンサードリンク

なおざり

「なおざり」という言葉は、いい加減にして、ほったらかしにしていることを意味します。
本気で無いさまのこともさします。言葉としては、「子供のしつけをなおざりにする」とかがあります。

おざなり

いい加減に物事をすましてしまうこと。その場だけ取り繕うこと。
例文としては、おざなりな処理をするとかがあります。

「なおざり」と「おざなり」の違い

「なおざりにする」の方は、してないことに重点があり、「おざなり」はやることはやっているが、いい加減な状態ということです。
似ている言葉なのですが、重点をどこに置くかが違います。

あとがき

今回の言葉の違いを調べていて、また日本語って面白いなっと実感しました。
言葉でどこに重点をおくかがあるんですね。

あと、今回の記事を書いていて、「なおざり」な行動をよくする子、「おざなり」な行動をよくする子が思い浮かんでとても面白かったです。

子供には個性があって、それを生かし行ってほしいなっとつくづく思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました