賞味期限と消費期限の違い

違い
スポンサードリンク

こんにちは!

買い物をしていたら、消費期限ってすごく気になりますよね~。できるだけ新しいものを買おうとしてしまいます。
ふっと食べ物を買っているとき気がつきました。消費期限賞味期限があることに((+_+))
どう違うの??その時わからなかったので、少し調べてみました!!

スポンサードリンク

賞味期限とは

賞味期限とは、その食品が指定された方法で保存していたら、その食品の品質が保たれるという期限のことをいいます。
むむ、なんかわかりにくいですね((+_+))

カップラーメン
私なりにわかりやく解説すると、例えばカップラーメン!
指定された方法というのは、ちゃんと密閉状態で保存しておく必要があります。
そうですよね~。いくらなんでも、カップラーメンのふたを開けていたら品質が保たれるわけないですよね・・・(笑)
開封したら、早目に食べないとだめです。

消費期限とは

消費期限とは定められた方法でちゃんと保存した場合に、腐ったり、腐敗たり食品の色や味が変わってしまって劣化状態が衛生上発生する可能性がない期限のことをいいます。

牛乳
私なりにわかりやく解説すると、例えば牛乳!
指定された方法というのは、冷蔵庫にいれて5度ぐらいのところで保管してくださいっと書いてあります。
そうですよね~。いくらなんでも、常温とか、暑いところにおいといて、品質が保たれるわけないですよね・・・(笑)
これも、開封したら、早目に食べないとだめです。

で、どう違うの?

先ほど、説明したのは、農林水産省がこういう書き方をしています。
そのため、それに忠実に書いたのですが、違いがわかりにくいですよね~。

最初の説明をもとに、もっと簡単に生活レベルに説明すると、賞味期限おいしく食べられる期限で、消費期限は安全に食べられる期限となります。
図にすると、こんな感じです。

1
↑赤 :消費期限 
黄色:賞味期限

消費期限のものは、品質の劣化が早いもの、消費期限は商品の劣化が遅いものとなります。

あとがき

こういう風にちゃんとした知識をもって、食品に対してしていると、例えば賞味期限を少しすぎたカップラーメンを見つけても、品質は下がっているが食べることができるんだな~っと思えます。
逆に、消費期限が過ぎたものに対しては、食べずにさっさと捨てなければいけないということがわかりますね。
消費期限のものは、製造日から、日が経つにつれ品質が落ちるので、早目に食べましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました