門松・しめ縄の意味・由来を知っていますか?

イベント
スポンサードリンク

こんにちは!

もうすぐ正月ですね~。
正月になると、門松、しめ縄をみかけることがあります。

スポンサードリンク

でも、これって一体どういう意味があるんだろう?
ただ、正月をあらわしているだけ?なのかなっと思って調べてみました!!

しめ縄とは?どういう意味・由来があるの?

しめ縄
しめ縄は一定の場所を区切るためのもののようです。
区切ることで、しめ縄の内側は、神聖な場所として不浄の場所と区別をおこなっています。

よく神社の鳥居のところとか、神棚の前に張られていることが多いですね。

なので、正月に玄関にしめ縄を張るのは、人に災いをもたらす邪悪な物が家の内に入らないようにするためにしています。
しめ縄は左綯いで作られていて、これは左を神聖視するしきたりによるものです。

そして、しめ縄の言葉の語源は、天照大神が天岩戸から出てきた時に、再び岩戸の中に入らないように岩戸の入り口に尻久米縄(シリクメナワ)を引き渡したのが始まりと言われています。

この「シメクリナワ」を略してシメ、シメナワと呼ぶようになったということです。

門松とは?どういう意味・由来があるの?

プリント
門松は新年を祝って家の入口に飾れていますが、古くは、木に神が宿ると考えらていたようで、門松はその宿るものとして飾っています。

門松を飾ることによって、そこに年神を迎えて祭るという意味があるのです。

門松は松というイメージがありますが、榊・栗・楢・椿などの木も使われることがあります。

起源は、平安時代末期から、門松は正月になくてはならないものとして普及したようです。

鎌倉時代から、竹をいっしょに飾るようになったみたいで、室町時代になると「松は千載を契り、竹は万代を契る」という諺から松と竹を飾ることが多くなったみたいです。

一般の家庭では、松の小枝を門口の両側につけたものが多いです。

最後に

門松と、しめ縄ってやっぱり正月には欠かせないものですね。
最近は、マンションが多くてあまり見かけて事が少なくなってきているような気がします。
こういう大切な文化がいつまでもつづくといいなと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました